本文へスキップ
                  

  Sangrila Trail Walk Treks & Expedition Pvt.Ltd

 

  


  

ネパール トレッキング
現地手配ならではの
サービス、お客さまの日程に合わせたプランをご提供します!!
NEPAL TREKKING

トレッキングについて

<ベスト シーズン>
 トレッキングは、雨期の終わる9月後半〜4月末頃までがよいでしょう。特に10月、11月は、天候がよく美しいヒマラヤ山脈を一望することができます。まさにベスト シーズンです。旅行者で非常に混雑する時期ですので、この時期のトレッキングをご希望される方は、早めの予約をおすすめします。12月後半〜2月にかけては、寒さが厳しくなりますが、気候に合った準備をすれば、充分に行くことができます。3000mくらいまでなら、昼間は半袖でも歩けます。ただし、朝夕の冷え込みは厳しいです。

<トレッキングのスタイル>                                      
 近年、個人でのトレッキングを楽しむ方が増えてきています。ただ、安全面を考えると、個人のトレッキングはおすすめしません。ガイドやポーターを雇い、安全なトレッキングを心がけてください。ポーターは、お客様のお荷物を20〜25Kgまで運ぶことが可能です。荷物は、自分で持てるという方は、ガイドだけ雇うことも可能です。

<トレッキングの手続き>
 いずれの許可証も弊社のトレッキングプログラムをお申し込みの場合は、弊社にて責任をもって取得いたします。
尚、ネパールでの滞在日数が少ない場合、事前にパスポートのコピー・パスポートサイズの写真をメールにて送っていただく場合があります。

■TIMS許可証(Trekkers Information Management System) US$20
 アンナプルナ、エベレスト、ランタン地域へトレッキングに行く場合、事前にTIMS許可証を取得する必要があります。ガイドやポーターを伴わない個人トレッキングの方の代理取得は受け付けておりません。

■アンナプルナ保護区入域証(Annapurna Conservation Area Entry Permit) Rs2000
 アンナプルナ地域をトレッキングする場合は、ACAP(アンナプルナ保護区プロジェクト)の発行する許可証が必要です。

■国立公園/自然保護区の入場料
 エベレスト、ランタンは1人1回につきRs3390

■トレッキング許可証(Trekking Permit) 料金については、お問い合わせください。
 ドルポ、ムスタン上域、マナスル、フムラ、カンチェンジュンガ等、14のエリアで必要です。
 TAAN ( Trekking Agencies Association of Nepal )のウェブサイトでも確認できます。
 
 こちらからどうぞ → http://www.taan.org.np/info_details/trekking-permit


<トレッキングに必要な装備>
 日帰りで楽しめるハイキングから、何日もかけて標高5000m以上を目指して歩くトレッキングまで、様々なコー
スがあります。コースによって気候が違いますので、それに合わせた服装をご準備ください。
 また、カトマンズやポカラには、装備を購入したりレンタルしたりできるお店もございますので、装備が足りない
という方は、ぜひご相談ください。

トレッキングに必要な装備は、こちらをご覧ください  トレッキング装備リスト


<海外旅行保険について>
 ご加入された海外旅行保険の保険証、国民健康保険またはそれに代わる保険の保険証のコピーを必ずお持ちください。
 万が一、病気や事故等が発生した場合で事態が急を要する場合には、ガイドの判断で医療施設の整った場所へ、ヘリコプター等によって迅速に収容いたします。これらに要した費用は、全てお客様のご負担になります。これらをカバーする意味でも、海外旅行保険への加入をおすすめいたします。


<エベレスト方面のトレッキングご希望の方へ>
 カトマンズ〜ルクラ間の国内線は、天候に大きく左右されるため、遅延・欠航の多いフライトです。相次ぐ欠航により国際線のフライトに間に合わなくなってしまう等の心配のある場合には、ヘリコプターでの移動も可能です。ただし、お一人様片道US$500〜の費用がかかりますことを予めご了承ください。天候によっては、ヘリコプターも欠航する場合がございます。
 ヘリコプターをご利用された場合、搭乗されなかった分の国内線航空料金は、お取扱い手数料お一人様当たりUS$10をお引きした全額を弊社よりお客様へ返金いたします。その場合、航空会社カウンターにてキャンセルのサインをもらい、航空Eチケットを弊社へお渡しください。


ヒマラヤ トレッキング おすすめコース

下記コース以外のトレッキングもアレンジいたします。お問い合わせください。

*各コースともネパール滞在日は、トレッキング前後泊が2泊〜4泊になります。

1名様より催行いたします。

各トレッキングの行程・料金等につきましては詳細クリックしてください。

「アンナプルナ方面」  

 3月中旬〜4月中旬頃は、ネパールの国花である「シャクナゲ」をお楽しみいただけます。
 
!! アンナプルナ方面 一番人気 !!
(1)ゴレパニ&プーンヒル 3泊4日
  詳細 
 ショートトレッキングを楽しみたい方におすすめのコースです。アンナプルナとダウラギリの眺望が広がるプーンヒルからヒマラヤ山脈の絶景をお楽しみいただけます。トレッキングの初心者向けのコースです。最高到達点3198m。US$510

(2)ゴレパニ&プーンヒル〜ジヌ温泉 5泊6日 詳細
 ゴレパニ&プーンヒルトレッキングより、もう少し足を延ばしたい方におすすめのコースです。4泊目はヒマラヤ温泉のあるジヌに宿泊します。温泉の脇には、モディ・コーラ(川)があり、流れる水の音を聞きながら温泉をお楽しみいただけます。トレッキング初心者向けのコースです。最高到達点3198m。US$710

(3)アンナプルナ・ベースキャンプ 6泊7日  詳細
 
ポカラからよく見えるマチャプチャレの西、アンナプルナ・サウスとの間を流れるモディ・コーラの渓谷を登りつめ、最後は、アンナプルナ・ベースキャンプ(ABC)にいたるコースです。麓から眺めるヒマラヤの大きさと美しさは、絶景です。初心者〜中級者向けのコースです。ご希望により、日数を延長することもできます。最高到達点4130m。US$850

(4)ジョムソン&ムクティナート  9泊10日 詳細
 ポカラからタトパニへ、そして、その昔チベットとインドを結ぶ交易路だったジョムソン街道を北上し、ジョムソンを経て聖地ムクティナートへいたるコースです。初心者〜中級者向けのコースです。最高到達点3798m。US$1290

(5)アンナプルナ一周      11泊12日
詳細
 
アンナプルナ・サーキットと呼ばれるコースです。アンナプルナ・ヒマラヤを一周する壮大なこのルートは、人気のコースです。景色も文化も変化に富んでいて、グルン族の村々からチベット的な荒野まで、楽しめます。ハイライトは、標高5416mのトロン・パス越えです。中級者以上の方におすすめのコースです。最高到達点5416m。US$1490


「エベレスト方面」  

(1)ナムチェ 4泊5日   詳細
 ルクラからシェルパの里ナムチェを通り、シャンボチェに向かうコースです。ナムチェ・バザールからは、コンデ峰(6187m)を見上げることができます。ジョルサレからナムチェへの登りの途中で、エベレストを見ることができます。初心者向けのコースです。最高到達点3750m。US$1090

(2)ナムチェ〜タンボチェ 5泊6日  詳細
 ナムチェから、大きなタンボチェ・ゴンパで有名なタンボチェ(標高3867m)を目指すコースです。エベレストをはじめとするヒマラヤの絶景とシェルパ族の文化に触れることができます。また、1982年に日本人初冬季エベレスト登頂に成功し、帰路に遭難死した登山家加藤保男氏の慰霊碑が立っています。最高到達点3867m。US$1150

 !! エベレスト方面 一番人気 !!
(3)エベレスト・ベースキャンプ&カラ・パタール 12泊13日 
詳細

 
ナムチェから、エベレストを望む展望台、カラ・パタール(黒い岩)へ登るコースです。トレッカーに人気のコースで、目前にそびえる白い高峰を歩くことができます。標高4000m以上の高地を5日〜6日歩きます。お客様が、高山病にならないようガイドが充分な配慮をいたしますが、お客様ご自身も充分注意をいただきたいコースです。中級者以上の方におすすめのコースです。最高到達点5545m。US$1835

(4)ゴーキョ・ピーク 10泊11日 詳細
 美しい氷河湖のあるゴーキョ・ピーク(標高5360m)を目指すコースです。エベレスト・ベースキャンプ、カラ・パタールを目指すコースに比べ、訪れるトレッカーが少なく、ゆっくり静かにヒマラヤの大自然を満喫することができます。中級者以上の方におすすめのコースです。最高到達点5360m。US$1735

(5)ゴーキョ・ピーク〜エベレスト・ベースキャンプ&カラ・パタール 16泊17日 詳細
 
ナムチェの町と美しいゴーキョの氷河湖、エベレスト・ベースキャンプ、カラ・パタールを目指すヒマラヤの雄大な眺望を満喫できるコースです。エベレストベースキャンプ&カラ・パタール〜ゴーキョ・ピークのルートも可能です。ご希望の方は、お問い合わせください。中級者以上の方におすすめのコースです。
最高到達点5545m。US$2175

(6)ゴーキョ・ピーク〜チョラ・パス越え〜カラ・パタール 15泊16日 詳細
 美しいゴーキョの氷河湖からチョラ・パス(5420m)を越え、エベレスト・ベースキャンプ、カラ・パタールを目指すコースです。世界の屋根と言われるヒマラヤ山脈を存分に味わえるトレッキングコースです。中級者以上の方におすすめのコースです。カラ・パタール〜チョラ・パス越え〜ゴーキョ・ピークのルートも可能です。ご希望の方はお問い合わせください。最高到達点5545m。US$2085

(7)ゴーキョ・ピーク〜レンジョ・パス越え  11泊12日 詳細
 ゴーキョ・ピーク登頂後、レンジョ・パス(5360m)を越え、ナムチェ、ルクラに戻るコースです。レンジョ・パスは、エベレスト山群トレッキングの三大パスの一つです。パスに着くと、エベレストからロールワリン山群までを一望できます。中級者以上の方におすすめのコースです。最高到達点5360m。US$1785

(8)エベレスト・スリーパス(レンジョ、チョラ&コンマ・パス)越え 16泊17日 詳細
 エベレスト方面の三大パス レンジョ・パス(5360m)、チョラ・パス(5420m)、コンマ・パス(5535m)を越え、ゴーキョ・ピーク(5360m)、カラ・パタール(5545m)、チュクン(4743m)を目指すトレッキングコースです。エベレスト方面のトレッキングの中で、一番きついと言われています。5000mを超える高所に滞在する期間が長いですので、上級者の方におすすめのコースです。最高到達点5545m。US$2175

(9)ロールワリン&氷河湖ロルパ 9泊10日 詳細
 かつて世界最高峰エベレストと間違われて発表されたほど存在感のあるガウリサンカール(7134m)とメンルンツェ(7175m)の2つの7000m級の山を擁するロールワリン山群。ロールワリン谷に入り、最奥にある氷河湖ロルパを目指すコースです。トレッカーに人気のあるエベレストエリアに属していますが、未だにトレッカーが少なく、静かな中で壮大な山々を満喫できるコースです。また天気が良ければ、満点の星空が広がります。テント泊をしながら、降り注ぐような星空をお楽しみいただけます。中級者以上の方におすすめのコースです。最高到達点4534m。
 料金については、お問い合わせください。
 4名様以上での催行です。人数が4名様未満の場合は、ご相談ください。

(10)カトマンズ〜シャンボチェ チャーターヘリコプター&トレッキングツアー 3泊4日 詳細
 チャーターヘリコプターで、カトマンズ〜シャンボチェへ。シャンボチェは、エベレストを望むビューポイントとして有名です。シャンボチェからは、エベレスト (8848m)、ローツェ (8516m)、アマダブラム (6812m)他、ヒマラヤの山々の絶景をご覧いただけます。その後、ダンフェ(ネパールの国鳥)の村としても知られるクムジュン村で1泊。帰りは、ナムチェ、ジョルサレでそれぞれ1泊し、国内線で、ルクラ〜カトマンズへ。初心者の方でもお楽しみいただけるコースです。最高到達点3750m。
 料金については、お問い合わせください。
 チャーターヘリコプターは、4人乗り、6人乗りがございます。トレッキングガイドがご一緒いたしますので、3人グループ、5人グループですと、一番リーズナブルにご利用いただけます。


「ランタン方面」  

(1)ゴサインクンド〜ヘランブー 7泊8日 詳細
 
ゴサインクンドは、夏はインドからの巡礼が多数訪れる標高4380mの聖地です。壮大なヒマラヤ山脈を眺められることはもちろん、マハーバーラタ山脈へと連なる丘陵の眺望も楽しめます。雪山の聖地からカトマンズへと歩くトレッキングです。初心者〜中級者の方におすすめのコースです。最高到達点4610m。US$875

 3月中旬〜4月中旬頃は、ネパールの国花である「シャクナゲ」をお楽しみいただけます。
 
!! ランタン方面 一番人気 !!
(2)ランタン〜キャンジン・ゴンパ 6泊7日 
詳細 

 左右を6000m峰に挟まれる渓流ランタン・コーラの上流を目指して登っていくトレッキングです。目的地のキャンジン・ゴンパ(3800m)は、高山植物の花々が美しく咲くことでも有名です。初心者〜中級者の方におすすめのコースです。最高到達点4550m。US$770

 7月初旬〜8月初旬頃は、「ブルーポピー」をお楽しみいただけます。
(3)ランタン〜キャンジン・ゴンパ〜ランシサ・カルカ 10泊11日 詳細
 キャンジン・ゴンパのさらに先 ランシサ・カルカ(4125m)まで歩くトレッキングです。キャンジン・ゴンパより先は、ロッジや茶店がないため、テント泊になります。ランシサ・カルカに到着すると、石臼のようなランシサ・リ(6427m)が大地に根を下ろしています。また、その両脇には、モリモトピーク(6150m)やドルジェラクパ(6966m)など、ランシサ氷河やランタン氷河を取り囲む山々をご覧いただけます。
 最高到達点4550m。US$1415



「ムスタン方面」   

(1)アッパー ムスタン 12泊13日 詳細
 
ネパールとチベットの国境に位置するムスタンは、古代チベット文化の最後の痕跡を遺す秘境の地です。何世紀もの間、外部からの影響を受けなかったため、ネパールの他地域とは違う習慣や文化、風景を見ることができます。ムスタントレッキングをするための許可証は、他地域に比べ高額ですが、それに見合うすばらしいトレッキングになることでしょう。中級者以上の方におすすめのコースです。最高到達点4010m。
 許可証が2名様以上で発行になるため、2名様以上での催行になります。料金については、お問い合わせください。

「マナスル方面」        

(1)マナスル山群一周 15泊16日 詳細

 日本登山隊が初登頂したことで知られるマナスル。マナスルベースキャンプ〜マナスルの展望地サマを目指すコースです。他のエリアに比べ、トレッカーが少ないこのエリアで、テント泊をしながらヒマラヤの絶景をお楽しみください。テント泊でのトレッキングになるため、4名様以上での催行になります。9〜11月(ハイシーズン)と12月〜8月(オフシーズン)のトレッキング許可証の料金が異なります。中級者以上の方におすすめのコースです。
最高到達点4450m。
 料金については、お問い合わせください。人数が4名様未満の場合は、ご相談ください。



「ドルポ方面」  

(1)アッパードルポ〜ジョムソン
 21泊22日 詳細
 ドルポは、ネパールの北西部に位置し、ネパールの中でもベールに包まれてきた地域です。標高の高いドルポ渓谷は、1989年まで外部から閉ざされていたため、この土地の人々は、現在でも彼ら独自の生活をしています。またドルポの人々のルーツはチベットであり、今なおチベットの文化を維持し続けています。こうした人々の文化に触れながら、ヒマラヤの大自然を満喫できるトレッキングコースです。テント泊でのトレッキングになるため、4名様以上での催行になります。途中、5000mを超えるパスをいくつも通るため、十分な体力が必要です。上級者の方におすすめのコースです。最高到達点5490m。
 料金については、お問い合わせください。人数が4名様未満の場合は、ご相談ください。



 「カンチェンジュンガ方面」 

(1)カンチェンジュンガ 21泊22日 詳細
 ネパール東部とインドの国境にあるシッキム・ヒマラヤの中心をなす山群の主峰であるカンチェンジュンガ。エベレスト、K2に次いで世界第3位の標高8586mを誇ります。朝日に染まるカンチェンジュンガの雄姿は圧巻です。他のエリアに比べ、トレッカーが少ないこのエリアで、テント泊をしながら、カンチェンジュンガ、エベレスト、マカル、ローツェ等、ヒマラヤの絶景をお楽しみください。テント泊でのトレッキングになるため、4名様以上での催行になります。連日長時間に渡って歩く日が続き、急登が続く箇所もありますので、十分な体力が必要です。上級者の方におすすめのコースです。最高到達点5140m。
 料金については、お問い合わせください。また、人数が4名様未満の場合は、ご相談ください。



 「ダウラギリ方面」 

(1)ダウラギリ・ベースキャンプ 16泊17日 詳細
 ネパール北部のヒマラヤ山脈に位置するダウラギリ。標高8167mで世界第7位。ダウラギリはサンスクリット語で「白い山」を意味します。ダウラギリ・ベースキャンプ(4748m)を目指すこのコースの最大の難所は、フレンチ・パス(5360m)。他のエリアに比べ、トレッカーの少ないこのエリアで、テント泊をしながら、ダウラギリ連峰、アンナプルナ連峰の絶景をお楽しみください。難易度の高いコースですので、上級者の方におすすめのコースです。4名様以上での催行になります。最高到達点5360m。
 料金については、お問い合わせください。また、人数が4名様未満の場合は、ご相談ください。



  「マカル方面」

(1)マカル・ベースキャンプ 20泊21日 詳細
 エベレストの東方22kmに位置し、ネパールとチベットにまたがる世界で5番目に高い山マカルー(標高8463m)。このエリアは非常に美しい自然に恵まれています。また、シェルパ族、リンブ―族、ライ族など様々な民族が生活しており、トレッキングをしながらそれぞれの民族の文化にも触れることができます。他のエリアに比べ、トレッカーの少ないこのエリアで、テント泊をしながら、マカル、カンチェンジュンガの絶景をお楽しみください。中級者以上の方におすすめのコースです。4名様以上での催行になります。最高到達点5150m。
 料金については、お問い合わせください。また、人数が4名様未満の場合は、ご相談ください。

サングリラ トレイル ウォーク トレックス

政府登録番号 75469 / 067 / 068

お客様のご要望、ご予算に合わせたプランを提案いたします。お気軽にお問い合わせください

<Address>

G.P.O BOX 5153
Koteshwor-35,
Siddhartha Marg,

House No.116, Kathmandu, Nepal

<Phone>
+977-1-4488489


<Mobile> 
+977-9849-37-6067

<Email> info@sangrilawalks.com

sangrilawalk@gmail.com
<English Web site> www.sangrilawalks.com


日本語でお問い合わせいただけます

LINEからもお問い合わせいただけます

LINE ID : sangrilatreks